スマホ対応ではなくレスポンシブ対応


モバイルフレンドリー

ホームページをお持ちの方はまずこちらをお試しください。
google モバイル フレンドリー テスト ページ

結果はどうでしたか??
「問題ありません。 このページはモバイル フレンドリーです。」
と表示されれば合格です。

mobiletest_ng

このように表示されていたら、不合格です。

スマホでも見やすいホームページを作ることが重要

そもそも、なぜモバイルを意識しなければならないのか??
答えは簡単です。

世の中の人がホームページをパソコンから見るのではなく、スマホからみることが増えているからです。ホームページに訪れる人の半数以上の人がスマホです。

スマホ用にデザインされたページが無くても、もちろんパソコンで表示されているページがスマホでも表示されます。

  • それはみやすいでしょうか?
  • 拡大しないと見えないとか、そのような状況に陥っていないでしょうか?
  • リンクはタッチしやすいでしょうか?
  • 指をスライドさせる回数はどうでしょうか?
  • パソコンなら表示されている画像やアニメーションがスマホで表示されていないとかになっていないでしょうか?

これらのことがモバイル フレンドリー テストから分かります。
文字の大きさやリンク同士が近すぎるも問題ですが、
最後の「互換性のないプラグインを使用しています」は厄介です。
これは、flashを利用している場合におこります。
なぜならflashはスマホで表示されません。

レスポンシブデザイン

私たちはスマホ用のページを新たに作成することは推奨しません。
なぜなら、ホームページを見る端末はパソコンとスマホだけですか??

違います。ipadのようなタブレットもあれば、今ではゲーム機やテレビなど色々なもので見ることができます。

googleが推奨しているデザインの考え方が「レスポンシブ対応」です。
https://developers.google.com/webmasters/mobile-sites/mobile-seo/configurations/responsive-design?hl=ja

常に同じ内容のコンテンツを配信しながら、端末の画面の大きさに合わせた表示のさせ方を行うことです。

弊社ホームページのパソコンでみたイメージ
sukusyo_pc

弊社ホームページのスマホでみたイメージ
sukusyo_sp

そして、レスポンシブ対応のほうが、制作コストも抑えられます。

一度、ご相談ください。今なら、無料でホームページ診断いたします。


投稿日: 2015年10月7日
カテゴリー: html|Web全般 | 投稿者: